タグ: C-ペプチド

C-Peptide: Rat C-Peptide EIA Kit (YK010)

C-ペプチド : ラット C-ペプチド EIA キット (YK010) 本ラットC-ペプチドEIAキットは、ラットの血漿、血清、尿および細胞培養液中のtotal C-ペプチド濃度を測定できる簡便で安定な測定系です。インスリンの前駆体、プロインスリンはB細胞内でプロセシングを受け、インスリンとC-ペプチドを生成した後、ほぼ等モル比で血中に放出されます。したがって、血中C-ペプチド濃度は血中イン...

C-Peptide: Mouse C-Peptide I EIA Kit (YK011)

C-ペプチド : マウス C-ペプチドⅠEIA キット (YK011) C-ペプチドは、インスリン生合成前駆体であるプロインスリンの膵B細胞内でのプロセッシングによって生じる副産物です。インスリンと等モル比で血中に放出されるので、血中C-ペプチド濃度を測定することによって、膵B細胞のインスリンの分泌機能を推測することができます。C-ペプチドの半減期はインスリンのそれよりかなり長いという特徴を...

C-Peptide: Mouse C-Peptide Ⅱ EIA Kit (YK012)

C-ペプチド : マウス C-ペプチドⅡEIA キット (YK012) C-ペプチドは、インスリン生合成前駆体であるプロインスリンの膵B細胞内でのプロセッシングによって生じる副産物です。インスリンと等モル比で血中に放出されるので、血中C-ペプチド濃度を測定することによって、膵B細胞のインスリンの分泌機能を推測することができます。C-ペプチドの半減期はインスリンのそれよりかなり長いという特徴を...

C-Peptide: Mouse C-Peptide EIA Kit (YK013)

C-ペプチド: マウス C-ペプチド EIA キット (YK013) C-ペプチドは、インスリン生合成前駆体であるプロインスリンの膵B細胞内でのプロセッシングによって生じるインスリンの副産物です。インスリンと等モル比で血中に放出されるので、血中C-ペプチド濃度を測定することによって、膵B細胞のインスリンの分泌機能を推測することができます。C-ペプチドの半減期はインスリンのそれよりずっと長いと...
PAGETOP